beauty- health

「活性酸素」は美容と健康の最大の敵

あらゆる病気の原因となる「活性酸素」

「活性酸素」は便秘、食品添加物、紫外線、放射線、化学物質、ウイルス、細菌、飲酒や喫煙などの生活習慣などが原因で体内に発生します。他の物質から電子を奪い取る「酸化」作用が非常に強く、細胞から電子を奪って傷つけてしまいます。なかでも「ヒドロキシルラジカル」は酸化力がもっとも強く、すさまじい力で細胞を傷つける凶悪な活性酸素です。
そんな活性酸素はさまざまな病気に深くかかわっています。強力な酸化力で臓器や血管の細胞を傷つけることで生体機能、回復力、免疫力などが衰えて、高血圧や糖尿病などの「生活習慣病」、脳梗塞や心筋梗塞などの「循環器病」、肺炎などの「感染症」などにかかりやすくなるのです。あらゆる病気を引き起こす活性酸素は病気の約90%の原因だとさえ言われています。

シワやシミを引き起こす「活性酸素」

活性酸素が肌の細胞の細胞膜を酸化して有害な「過酸化脂質」に変えることで、栄養や老廃物が通過できなくなって細胞活動が低下。皮膚が新しい細胞を作る力も衰えて、お肌がみずみずしさを失ってしまいます。
さらに、活性酸素は「コラーゲン」などの皮膚の底で肌を支える大切な成分もぼろぼろにして、「シワ」や「タルミ」を引き起こしたり、黒色の「メラニン色素」を発生させて「シミ」を生じさせてしまいます。くなるのです。あらゆる病気を引き起こす活性酸素は病気の約90%の原因だとさえ言われています。

花粉症などのアレルギーも

最近急増中の「アレルギー」にも活性酸素がかかわっています。アトピー性皮膚炎は活性酸素が皮膚を保護する角質層を酸化して皮膚のバリア機能が低下し、ダニなどの刺激に過剰反応することで引き起こされます。また、活性酸素が細胞内の酵素を活性化してヒスタミンなどの刺激物質を放出させると、鼻や喉の粘膜が花粉などに敏感になって、アレルギー性鼻炎(花粉症)やアレルギー性ぜんそくを引き起こします。

薄毛や白髪も活性酸素が原因だった

髪の毛が黒いのは毛根の「色素細胞」で作られたメラニン色素によるもので、毛髪が白くなるのは活性酸素が色素細胞を酸化してメラニン色素を作れなくなってしまうからです。また、毛髪は毛根の「毛母細胞」で作られていますが、活性酸素は毛母細胞を傷つけることで毛髪の生成を低下させ、薄毛を引き起こしてしまいます。
さらに、活性酸素は血管壁細胞の脂質やコレステロールを酸化。有害な過酸化脂質や悪玉コレステロールに変えて、血管壁をもろくしたり、厚くしたりして動脈硬化を引き起こし、血流を悪化させます。そのため、毛母細胞への栄養供給が衰えて、毛髪を作る力が弱まってしまうのです。

酸化ダメージの蓄積で体が「老化」

活性酸素は老化の最大の原因ともいわれています。活性酸素のダメージを受けた体が年齢とともに傷害を蓄積してゆくからです。
わたしたちの体内では、活性酸素を除去する「抗酸化酵素」が活性酸素を退治してくれていますが、これらの酵素は20代をピークに急速に減ってしまいます。すると、天敵がいなくなった活性酸素が勢いを得て細胞を酸化。傷害が蓄積して老化が進行してゆくのです。 さらに、活性酸素によって細胞が傷つけられると、新しい細胞を作る力も衰えて、老化がさらに進んでしまいます。

活性酸素を還元、無害化する「水素」

活性酸素の害をいかに防ぐかが鍵

活性酸素を退治する作用を「抗酸化」(還元)といい、活性酸素を還元する物質を「抗酸化物質」といって、多くの美容・健康商品に含まれるコエンザイムQ10、ポリフェノール、ビタミンC、カテキン、βカロチンなどが知られています。 しかし、多くの原子の集まりであるこれらの抗酸化物質は重さも重く、たとえばコエンザイムQ10のそれは868ですが、大きな重さのわりには持っている電子の数はたった1個。さらに、外部の物質を通さない細胞膜によって細胞の中まで入り込めないことなどから、活性酸素を還元する効果は限られています。

抗酸化物質の数百倍の還元力

一方、宇宙最小の元素「水素」の重さはわずか1と、ほかの抗酸化物質の数百分の一ですが、電子はちゃんと1個持っています。すなわち同じ重さなら数百倍の電子の数があることになり、還元力もけた違いで、質量から計算した還元力はコエンザイムQ10の863倍、カテキンの 290倍、ビタミンCの 176倍にもなり、そのすごさがわかります。 さらに、宇宙最小サイズ(1ナノ)の水素はほかの抗酸化物質の入れない細胞膜を簡単に通過して細胞内の活性酸素を還元してくれる強みも持っています。 また、普通の抗酸化物質は一般的な活性酸素は還元できるものの、もっとも凶悪な「ヒドロキシルラジカル」は還元できませんが、水素はこの活性酸素だけを選んで退治してくれることも近年の研究で明らかになっています。

水に変わるので還元後も無害

水素は安全面でも優れています。普通の抗酸化物質は酸素を還元すると、自らは電子を奪われて酸化物質に変わってしまい、今度は細胞を酸化する側に廻ってしまいます。一方、水素は活性酸素を還元した後は酸素と結合して無害な水になるので、細胞に害を及ぼしません。

活性酸素を還元、無害化する「水素」

現代人の腸は汚れる一方

腸が食物を運ぶ「ぜん動運動」は野菜や穀類に含まれる「植物繊維」が腸の内壁を刺激することによって促されます。ところが、現代人は食の欧米化によって肉や脂肪のような繊維質を含まない食物ばかり食べていて、それらの成分のタンパク質や動物性脂肪は消化が難しいうえ、腸の内壁が刺激されずにぜん動運動が起こらないため、消化物がスムーズに運ばれずに腸内に滞留してしまいます。
さらに、現代人に多い過食、運動不足、ストレスなども腸の働きを弱めて消化物を腸内に滞留させてしまい、腸の汚れを促進します。

滞留物が腐敗して悪性物質が発生

こうした腸の汚れはさまざまな不調を引き起こします。
消化物が腸に長期間溜まると、それをエサとする悪玉菌が増殖。消化物を腐敗させ、悪性物質やガスを発生させて口臭や体臭の原因となるばかりか、腸の粘膜から血液に吸収された有害物質が全身をかけめぐって、頭痛、肌荒れ、糖尿病などの生活習慣病、アレルギー、大腸がんなどの腸の病気、痔、心臓病、肝臓病、賢臓病、膠原病などを引き起こします。
ちなみに腸内で発生する毒素のなかには「活性酸素」もふくまれていて、活性酸素の異常発生の約90%は腸内だといわれています。

「カルシウム不足」も万病の元だった

日本人のカルシウム摂取不足は深刻

厚生労働省の定める「カルシウム」の所要量は1日600mgとされていますが、日本人はなぜかカルシウムの摂取量だけは不足しています。
体にカルシウムが不足すると、骨や歯が弱くなって骨粗鬆症や骨折、虫歯、関節痛などが起こりやすくなることは知られていますが、近年の研究でほかにもさまざまな病気の原因になることが明らかになってきました。

カルシウムが不足すると免疫力が低下

細胞間や神経の情報伝達にかかわるカルシウムは、 脳や筋肉を動かすために不可欠な栄養素です。たとえば眼球の筋肉の伸縮もカルシウムの働きで行われており、不足すると本来の形を保てなくなって、水晶体や網膜が変形。視力低下などを引き起こします。
また、白血球などの免疫細胞は互いに情報を交換することで、役割分担しながら体を守っています。カルシウムはこの免疫細胞の情報交換にも重要な役割を担っており、不足すると情報伝達がおかしくなって免疫細胞が刺激に過剰反応。アレルギー反応やリウマチなどの膠原病を引き起こし、免疫力も低下して感染症やガンなどにかかりやすくなります。

生活習慣病や老化、精神の異常まで

カルシウム不足で細胞間の情報伝達機能が悪化すると、新陳代謝も悪化します。そして、動脈硬化、糖尿病、高血圧、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病の引き金になったり、老化も進行してしまいます。さらに回復力も低下して、ぜん息などが慢性化してしまいます。
さらに、カルシウムは脳神経の情報伝達にも重要な役割を担っていて、不足するとイライラや不安、不眠症、過食、ストレスなどの精神疾患の原因にもなります。

↑ページTOPへ戻る